【ポケカ】レジアイスの評価は弱い?強い?カード性能と使い方、対策とデッキレシピまで徹底解説!【ハイクラスパック 「VSTARユニバース」・スタンダード】

【ポケカ】レジアイスの評価は弱い?強い?カード性能と使い方、対策とデッキレシピまで徹底解説!【ハイクラスパック 「VSTARユニバース」・スタンダード】

ポケモンカード(ポケカ)のハイクラスパック 「VSTARユニバース」に収録されている「レジアイス」。

この記事では、レジアイスのカード性能と評価、使い方を徹底解説します。

ポケカ図鑑編集部

おすすめのデッキ例も紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください!

この記事は、ポケモンカードゲーム公式HP「トレーナーズウェブ」消費者庁国民生活センターなどが発信する情報を基に、ポケカ図鑑編集部がコンテンツ制作ポリシー・編集基準に則って作成しています。

0.0
Rated 0 out of 5
5つ星のうち0つ星(0件のレビューに基づく)
とても満足0%
満足0%
ふつう0%
不満0%
とても不満0%
 
目次

ポケモンカード「レジアイス」のカード性能と評価は

評価
ポケモン名レジアイス
収録パック名ハイクラスパック 「VSTARユニバース」
カードナンバー025/172
レギュレーションスタンダード
レアリティC(コモン)
タイプ
解説マイナス200度まで 冷えこむ 冷気を 操り 近づいたものを あっという間に 氷漬けにする。
イラストレーターaoki

レジアイスの特徴は

レジアイスの特徴は、以下のとおりです。

  • 「ブリザードバインド」で、相手ポケモンに100ダメージを与えることができる。
  • 「レジゲート」で、山札からたねポケモンを1枚選んで、ベンチに出すことができる。
  • HPが130あって、たねポケモンとしては少しHPが高い。
  • 雷属性に弱い
  • 逃げるのに3エネルギーが必要

3エネルギー消費の「ブリザードバインド」で、相手ポケモンに100ダメージを与えることができます。

また、1エネルギー消費の「レジゲート」で、山札からたねポケモンを1枚選んでベンチに出すことができるため、たねポケモンを安定してベンチに出すことができます。

ただし、雷属性に弱いというデメリットがあるので、特に雷属性のデッキに対しては、早めに対応が必要です。

ポケカ図鑑編集部

「ブリザードバインド」で安定してダメージを与えられるので、おすすめです。

レジアイスの強い点やメリット

  • 「ブリザードバインド」で、相手ポケモンに100ダメージを与えることができる。
  • 「レジゲート」で、山札からたねポケモンを1枚選んで、ベンチに出すことができる。
  • HPが130あって、たねポケモンとしては少しHPが高い。

3エネルギー消費の「ブリザードバインド」で、相手ポケモンに100ダメージを与えることができます。

また、1エネルギー消費の「レジゲート」で、山札からたねポケモンを1枚選んでベンチに出すことができるため、たねポケモンを安定してベンチに出すことができます。

レジアイスの弱い点やデメリット

  • 雷属性に弱い
  • 逃げるのに3エネルギーが必要

レジアイスは、逃げるために3エネルギーが必要となります。

また、雷属性に弱いというデメリットがあるので、特に雷属性のデッキに対しては、早めに対応が必要です。

Twitterでのレジアイスの評価は

ポケカ図鑑編集部

「ブリザードバインド」で安定してダメージを与えられるので、人気がありますね。

レジアイス対策をするならこのポケモンカード!

レジアイス対策をするなら、以下のカードがおすすめです。

  • デンリュウ
  • クワガノン
  • サンダースV

デンリュウ

デンリュウは、4エネルギー消費の「エレクトロクラッシュ」で、相手ポケモンに100ダメージを与え、雷エネルギーを3枚トラッシュすることで、120ダメージを追加で与えることができます。

また、1エネルギー消費の「でんきショック」で、相手ポケモンに40ダメージを与え、さらにコインでオモテが出たら、相手ポケモンをマヒ状態にすることができます。

クワガノン

クワガノンは、4エネルギー消費の「エレキブラスター」で、このポケモンに付いているエネルギーを2個トラッシュして、相手のポケモンに200ダメージを与えることができます。

また、3エネルギー消費の「かみつく」で、70ダメージを与えることができます。

サンダースV

サンダースVは、3エネルギー消費の「ミサイルばり」で、コインを4回投げて、おもての数×60ダメージを与えることができます。

また、1エネルギー消費の「サンダーアロー」で、相手のポケモン1匹に20ダメージを与えることができます。

レジアイスと相性のいいポケモンカードは

レジアイスと相性のいいカードは、以下のとおりです。

カード名解説

レジギガス
レジギガスは、特性「こだいのえいち」の効果で、自分のバトル場にレジロック、レジアイス、レジスチル、レジエレキ、レジドラゴがいれば、トラッシュからエネルギーを3枚まで選んで、自分のポケモンに付けることができます。

また、5エネルギー消費の「ギガントブレイク」で、相手ポケモンに150ダメージを与え、相手のバトルポケモンがポケモンVMAXの場合は、150ダメージを追加で与えることができます。

レジエレキ
レジエレキは、3エネルギー消費の「レジエレキ」で、このポケモンについているエネルギーをすべてトラッシュして相手ポケモンに120ダメージを与え、相手のベンチポケモン2匹にも40ダメージを与えることができます。

また、1エネルギー消費の「バチバチ」で、20ダメージを与えることができ、早い段階からダメージを与えることができます。

博士の研究(オーリム博士)
博士の研究は、自分の手札をすべてトラッシュし、山札を7枚引くことができます。

自分の手札が少ない時や、手札に使いたいカードがない場合は、山札から引くことにより手札を補充することができます。

マリィ
マリィは、手札をシャッフルして山札の下に戻して、カードを5枚引くことができます。

自分の手札が少ない時や、手札に使いたいカードがない場合は、山札から引くことにより手札を補充することができます。

また、相手のカードも入れ替えることができるため、戦況を変えることもできます。

ツインエネルギー
ツインエネルギーは、ポケモンに付いている場合、エネルギー2個分として使うことができます。

エネルギー2個分として使うことで、レジギガスの「ギガントブレイク」を、通常より早く使うことができます。

ポケモンカード「レジアイス」を使用したおすすめデッキ構築例:デッキレシピを公開!

レジギガスの特性を使って、各レジのポケモンにエネルギーを付けることで、バトルを有利に進めることができます。

また、各種グッズやサポートカードにより、ポケモンを手札やバトル場に置くことができます。

ただし、基本エネルギーがデッキにないため、属性のエネルギーが足りなくなる場合があるので、エネルギーの管理に注意する必要があります。

ポケカ図鑑編集部

レジギガスの特性を使って、各レジのポケモンにエネルギーを付けること、効率よく戦うことができます。

デッキコードJGxcDD-QPPHOk-4cD8G4
有利なデッキレジギガスの特性を使って、各レジのポケモンにエネルギーを付けることで、バトルを有利に進めることができます。

また、各種グッズやサポートカードにより、ポケモンを手札やバトル場に置くことができます。
不利なデッキ基本エネルギーがデッキにないため、属性のエネルギーが足りなくなる場合があります。

また、進化可能なポケモンがいないため、さらに強いポケモンに進化できないというデメリットがあります。

ポケモンカード「レジアイス」の値段相場は

ポケカ(ポケモンカード)の買取価格と販売価格

遊々亭でのレジアイスの価格相場は、以下のとおりです。

販売価格相場買取価格相場
50円0円
※6月4日時点の値段

最新版の販売価格や買取価格は、https://yuyu-tei.jp/で詳しく紹介しています。

\お得に購入・買取するなら!/

公式サイト:https://yuyu-tei.jp/

ポケモンカード(ポケカ)「レジアイス」の評価まとめ

ポケモンカードの「レジアイス」は、3エネルギー消費の「ブリザードバインド」で、相手ポケモンに100ダメージを与えることができます。

また、1エネルギー消費の「レジゲート」で、山札からたねポケモンを1枚選んでベンチに出すことができるため、たねポケモンを安定してベンチに出すことができます。

ただし、雷属性に弱いというデメリットがあり、逃げるのに3エネルギーが必要なので、特に雷属性のデッキに対しては早めに対応が必要です。

ポケカ図鑑編集部

気になる方は、ぜひ一度チェックしてみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次