【ポケカ】クレッフィの評価は弱い?強い?カード性能と使い方、対策とデッキレシピまで徹底解説!【拡張パック「バイオレットex」・スタンダード】

ポケモンカード(ポケカ)のクレッフィは拡張パック「バイオレットex」に収録されているカードです。この記事では、クレッフィは強いのか弱いのか?評価を解説します。カード性能と使い方や対策・おすすめのデッキレシピとデッキコードまでまとめて紹介しますので、ポケカ好きな方や強いデッキ構築をしたい方はぜひご覧になってください。

ポケモンカード(ポケカ)の拡張パック「バイオレットex」に収録されている「クレッフィ」。

この記事では、クレッフィのカード性能と評価、使い方を徹底解説します。

ポケカ図鑑編集部

おすすめのデッキ例も紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください!

この記事は、ポケモンカードゲーム公式HP「トレーナーズウェブ」消費者庁国民生活センターなどが発信する情報を基に、ポケカ図鑑編集部がコンテンツ制作ポリシー・編集基準に則って作成しています。

0.0
Rated 0 out of 5
5つ星のうち0つ星(0件のレビューに基づく)
とても満足0%
満足0%
ふつう0%
不満0%
とても不満0%
 
目次

ポケモンカード「クレッフィ」のカード性能と評価は

評価70点
ポケモン名クレッフィ
収録パック名拡張パック「バイオレットex」
カードナンバー045/078
レギュレーションスタンダード
レアリティr(レア)
タイプ
解説昔の 貴族は 金庫の カギを 管理させる クレッフィを 代々 引き継ぎ 大切に 扱った。
イラストレーターGOSSAN

クレッフィの特徴は

クレッフィの特徴は、以下のとおりです。

  • 進化しないたねポケモン
  • 特性「いたずらロック」でクレッフィ以外のたねポケモンの特性を無効化する
  • ワザを使うのも逃げるのも必要エネルギーが低い
  • 高性能かつレアカードなので人気が高い
  • 鋼タイプが弱点
ポケカ図鑑編集部

なんと言っても特性「いたずらロック」が強力!

クレッフィの強い点やメリット

  • 特性「いたずらロック」でクレッフィ以外のたねポケモンの特性を無効化
  • ワザ「ねらいおとす」で相手のポケモンの道具をトラッシュできる
  • 逃げるための必要エネルギーが「1」と低い

クレッフィは、超タイプのたねポケモンです。

進化はしませんが、唯一無二の特性「いたずらロック」は、クレッフィがバトル場にいる限りお互いのたねポケモンの「いたずらロック」以外の特性をなくす、つまりクレッフィ以外のたねポケモンの特性を無効化します。

「ねらいおとす」で相手ポケモンの道具をトラッシュできるなど、相手の妨害に長けたカードです。

クレッフィの弱い点やデメリット

  • HP、攻撃力どちらも低め
  • 鋼タイプが弱点

強い特性が魅力のクレッフィですが、たねポケモンなのでHP、攻撃力は高くありません。

鋼タイプが弱点であり、他タイプに抵抗力を持つわけでもないので、攻撃されると脆いのが難点です。

クレッフィの特性が厄介なため「早めに倒してしまおう」と狙われる可能性も高いでしょう。

Twitterでのクレッフィの評価は

ポケカ図鑑編集部

クレッフィの強さはお墨付き!みんな対策を考えているみたい!

クレッフィ対策をするならこのポケモンカード!

クレッフィ対策をするなら、以下のカードがおすすめです。

  • ガラルニャイキングV
  • キャンセルコロン
  • あなぬけのヒモ

ガラルニャイキングV

ポケカ ガラルニャイキングV

ガラルニャイキングVは、鋼タイプのたねポケモンです。。

2つのワザのシナジーが優秀で、「じょうきげん」により手札を3枚以上にした状態で「おたからラッシュ」を使うと60ダメージを出すことができます。

クレッフィに対しては弱点で2倍の120ダメージとなり、一撃で倒されてしまうので、バトル場で直接対面することのないように注意しましょう。

 

キャンセルコロン

ポケカ キャンセルコロン

キャンセルコロンは、この番の終わりまで相手のバトルポケモンの特性がすべてなくなる効果を持ちます。

クレッフィの「いたずらロック」は、クレッフィがバトル場にいる場合のみ発動する特性なので、キャンセルコロンはまさにクレッフィ対策と言えるカードです。

あなぬけのヒモ

ポケカ あなぬけのヒモ

あなぬけのヒモは、お互いのプレイヤーに対してバトルポケモンをベンチポケモンと強制的に入れ替える道具です。

クレッフィがバトル場にいないと特性「いたずらロック」は適用されないため、クレッフィ以外のたねポケモンの特性が解放されてしまいます。

クレッフィと相性のいいポケモンカードは

クレッフィと相性のいいカードは、以下のとおりです。

カード名解説

ネストボール
自分の山札からたねポケモンを1枚選んで手札に加えることができる。
クレッフィを安全にサーチできる。

ポケモンいれかえ
このカードで、自分のバトルポケモンとベンチポケモンを入れ替えることができる。

頂への雪道
お互いの場の「ルールを持つポケモン」の特性はすべてなくなる。
クレッフィの特性と併せると、特性が活きるポケモンがかなり限定される。
ポケカ ウェーニバルex
ウェーニバルex
相手への攻撃とベンチポケモンとの入れ替えが一度にできる「エキサイトサンバ」を持つ。
ウェーニバルexで攻撃し、クレッフィと入れ替わり相手のターンに交代する動きが強い。
マナフィ
マナフィ
特性「なみのヴェール」で、味方のベンチポケモン全員を相手のワザのダメージから守ることができる。

ポケモンカード「クレッフィ」を使用したおすすめデッキ構築例:デッキレシピを公開!

ウェーニバルとクレッフィのコンボを軸にしたデッキです。

ウェーニバルexの「エキサイトサンバ」で、攻撃後にベンチのクレッフィをバトル場に出して自分のターンを終了、そこから相手のターンでは特性「いたずらロック」によって、たねポケモンの特性を封じます。

相手の動きは妨害し、こちらのやりたいことを押し付ける戦い方が期待できます

ポケカ図鑑編集部

カイがあればウェーニバルexを安全にサーチできるのもエライ!

デッキコードyyEXXp-6MbpqX-SpEXMM
有利なデッキ多くのデッキに採用されているかがやくポケモンをはじめ、現環境には特性を使って展開するデッキが多いので有利にバトルを進められるでしょう。
不利なデッキ水タイプのポケモンが多いデッキなので、雷デッキはタイプ相性で不利と言えます。
ただし現環境の雷デッキはミライドンexの特性「タンデムユニット」で展開することが多いため、クレッフィで相手の動きを妨げながら戦いましょう。

ポケモンカード「クレッフィ」の値段相場は

ポケカ(ポケモンカード)の買取価格と販売価格

でのクレッフィの価格相場は、以下のとおりです。

販売価格相場買取価格相場
220円20円
※3月31日時点の値段

最新版の販売価格や買取価格は、「」で詳しく紹介しています。

\お得に購入・買取するなら!/

公式サイト:https://yuyu-tei.jp/

ポケモンカード(ポケカ)「クレッフィ」の評価まとめ

ポケモンカードの「クレッフィ」は、特性依存ともいえる現在の環境において「たねポケモンの“いたずらロック”以外の特性を無効化する」という唯一無二の特性により、デッキタイプを問わず戦術の要になるカードです。

たねポケモン限定ではあるものの、特性が封じられた状況でのバトルは、いつもとは一味違う緊張感を楽しめそうです!

ポケカ図鑑編集部

気になる方は、ぜひ一度チェックしてみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次